サラリーマンという条件で今、投資するには仮想通貨一択ではないか

仮想通貨(暗号資産)

お疲れ様です。ハルタローです。

今回は仮想通貨について書かせていただきます。

相変わらず方向感のない仮想通貨市場ですが、今回はなぜ私が仮想通貨に投資をしているか書きたいと思います。

まずそもそも私が投資をし始めたきっかけとしては、率直に「今の仕事をいつ辞めてもいいような状態にしておきたいため」です。

今から定年までの所得の金額を一気に稼げば、いつ辞めても定年まで働き続けたこととほぼ同じことです。

単純に今から定年まで勤めたとして、生涯稼ぐ所得はざっと1憶円くらい。

では、その1億円を稼いでしまえば、今の仕事ではなく好きなことをしながら人生を送れるという簡単な理由です。

一応補足ですが「好きなことをしながら」というのは何もしないというわけではなく、好きなことをベースに稼ぐという意味です。

じゃあ今の私の現状でどうしたら1憶円をより早く手に入れることができるだろうかと考えました。

やはりそれには投資しかないと思います。

私の中で投資の選択肢は以下のとおりでした。

①株

②FX

③投資信託

④ギャンブル

⑤仮想通貨

まず、①の株ですが知識さえあればこちらが最も手堅いと思います。

ただし、結構長期スパンでボラティリティがそんなに高くないイメージがあり、私の目標値に達するまではかなりの時間と資金が必要かと思い却下。

次に②のFX。

私はまずこれを選びました。

そして、結構いい調子で資金は増えていったと思っていたのですが、何の知識もない者にそんなにFXは甘くありませんでした。

2016年のイギリスEU離脱が決まると世論の予想に反していたため、全面安となり暴落し知らないうちにすべてロスカットされていました。

FXは勝てなくはないとは思いますが、かなり勉強が必要ですし、仕事中に相場が見れないサラリーマンにとってはちょっと厳しいと感じました。

そしてFXからは一旦離脱。

次に③投資信託。

こちらは積み立てのようなイメージでローリスクローリターンなのでこちらでは無理と判断。

そして④のギャンブル。これも一応投資になるのでしょうか。

こちらもチャレンジした時期があり、パチスロで半年やって50万貯めることができたのですが、この業界は台の入れ替えが早くうまみのあった台も流行が過ぎると台数も減り設定もオール1となり勝ち続けるには難しく感じました。

そして最後の⑤仮想通貨です。

こちらはどうでしょう。

まず、資金ですが高いボラティリティが望めるため、高額な資金の投資でなくとも少額で高値をつかみ取るチャンスはあると思います。

例であげますがこれはbitbankのXRPの週足相場です。

今は34円台をうろうろしていますが、ご存知のとおり2017年末から2018年始頃のバブルの上げ幅はすさまじいですね。

皆さん、この相場を見てどう思われますか。

え、もうオワコンでしょ。って思われる方もいると思います。

ただ、私は仮想通貨自体がなくなることはないと思っています。

なくなりはしないとすれば、ずっとこの価格のままでしょうか。

価格は必ず変動します。

上がることもあれば下がることもある。

そこでこのチャートなんですが下がるといっても30円くらいです。

そして無くならないのであれば0円にはならない。

逆に上がることは可能性として青天井である。

そう考えると①から④に投資するよりかは仮想通貨に投資したほうがかなり可能性はあると考えています。

今後の仮想通貨市場は中期目線で、数多あるアルトコインがある程度整理はされていくとは思うんですが、あるタイミングで淘汰され生き続けたコインは一気に上がると思っています。

そのタイミングはいつかわからないし、どの通貨が生き残るかもさっぱりわかりません。

なので、コインについてはじっくり調べて、後悔しないようコイン選びをして、ある程度4、5種類くらいに分散して今後も買っていきたいと思います。

このような感じで、私の生活を豊かにするため、今の仕事をいつ辞めてもいいように資金を稼ぐ目標が、今は仮想通貨の投資となっています。

この目標がいつか日の目をみるよう祈るばかりです。

仮想通貨ファンの皆さん、今後とも一緒に頑張っていきましょう!

コメント