今までで一番やりこんだゲームは?

ゲーム

私が生まれて初めてゲームにふれたのは確かゲームウォッチとかいう携帯型のゲーム機だと記憶しています。

多分30年以上前だと・・・。

その頃のゲーム機はソフトという概念がなく、1つのゲームが本体と一体化しており、ポパイやドンキーコングなどのゲームそれぞれが本体ごとに存在していました。

そんな中、専用ハードにそれぞれのゲームソフトを差し込んでプレイする画期的なシステムが家庭用ゲーム機としてが登場しました。

ファミリーコンピューター!

私が初めてプレイした(親に買ってもらった)ソフトは「ロードランナー」です。

追いかけてくる敵を、穴を掘ってそこに埋めるという今考えるとかなり残忍なゲームであるが子供ながらに狂ったようにした覚えがあります。

また、ステージを自分で作れるというのも創作意欲が駆り立てられ、同級生と難解なステージを競って作っていました。

それからはマリオブラザーズやエキサイトバイク、テニスなど経て、スパルタンXや忍者くんなど個々の面白かったゲームについては、これからゆっくりとブログで書いていくとして、私のゲーム人生はそれからスーファミやプレステなど、まあ平均並みなゲーム人生をたどっていきました。

もともとRPG自体が好きだったが、なかでもやはりこの作品は群を抜いていると思う。

そして今はPS4とニンテンドウswitchとなるのだが、今までの私のゲーム人生で一番やり込んだ、一番印象に残っている名作は前述したとおり「ロマンシングサガ2」です。

ご存知の方も多いと思うがこの作品の特殊なシステムとして「皇位継承」、「戦闘の陣形」「フリーシナリオ」、「必殺技の閃き」などあるが中でも一番心を打たれたのが「皇位継承」システム。

ストーリーで年月が経つと必然的に主人公が代わってしまい、新しいメンバーで進めていくこととなり、また、このシリーズは「HP」とは別に「LP」(ライフポイント)というポイントがあり倒される毎に1減っていき0になると本当に死んでしまいゲームからいなくなるというなんともシビアなゲームでした。

好きなキャラはLPが減らないようヒヤヒヤしながらプレイしたのを覚えています。

また「陣形」なども戦闘を有利に進めるためには必要であり、新しい陣形を作れたときの喜びはひとしおでした。

このようにロマンシングサガ2は私の中では名作中の名作であるが、一人でも共感していただけると嬉しいです。

またこれからゲームについても一つ一つ取り上げていきたいと思っているのでこれからもよろしくお願いします。

コメント